外壁塗装府中市 口コミ・評判 細田工務店 口コミ・評判

外壁塗装の口コミ人気ランキング

細田工務店 口コミ・評判

一覧ページへ戻る

hosodakomuten

細田工務店について

1947年に創業を開始した細田工務店には、「“家”ではなく“住まい”を作る」という考えがあります。

70年近いキャリアの中で、細田工務店は35,000棟以上もの住宅を建設してきました。

こういったキャリアを積んできた中で分かった事が、自分達が作っている物は客にとって「生涯の住まい」となる物である事だったのです。

少しでもよりよい「住まい」を建設出来るよう、細田工務店のスタッフはその技術と知識の向上に努力を惜しみません。

細田工務店のこだわり

細田工務店の施行へのこだわりは、『木』へのこだわりです。

この70年の間に色々な建築素材が開発されてきましたが、細田工務店は『木』での家作りにこだわりぬいています。

これは創業当時から変わらぬ考えで、木の家・木の工法へのこだわりは細田工務店の特徴の1つとなっています。

木の特性を生かした家を作るために、細田工務店は「木造軸組工法」という日本に古くからある建築工法を使用しています。

この「木造軸組工法」を元にしてさらに創意工夫を重ね、より上部で高品質の『木の家』を作り上げる事に成功しています。

細田工務店はこれからも『木』の家作りにこだわり、技術を探求し、きっと今以上のクオリティと耐震性を持つ木の家を作り出す事でしょう。

細田工務店への口コミと評価

約70年という長いキャリアを持ち、その全てを『木』の家作りに捧げてきた細田工務店ですが、実際にこの業者を利用した人の感想はどういったものなのでしょうか

インターネットに寄せられている口コミをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

「さすがに長い実績をもっている業者なだけあって、安心して仕事を任せる事が出来ます。工事してくれる人だけでなく、スタッフの人全員がプロでした」

「木こだわっているとホームページに書かれていたので工事をお願いしました。木の香りと質感が気持ち良いです」

お得に外壁塗装をするならヌリカエが便利

外壁塗装やリフォームをしたいと思った時に、まずなにからすればいいかわからなかったり、あいみつを取りたいけど面倒くさかったりするならヌリカエが便利です。

その理由はヌリカエに相談すると、複数の業者から見積もりをとってくれて比較して最も希望条件にあう業者を紹介してくれるからです。

自分で見積もりを複数の業者でとるとなると時間と手間がかかってしまいますが、ヌリカエなら45秒でできる無料登録をするだけなんです。

ヌリカエが定めた厳しい基準をクリアした約500社ある業者の中から選定されるので安心して依頼できます。

ヌリカエが間に入ってくれることで、しつこい営業をかけられることもないのも嬉しいポイントです。

ヌリカエの利用は全て無料なので一度試してみてください。

外壁塗装人気ランキング

プロヌリ
一括見積もり比較で最安価がわかりやすい!

公式サイトで資料請求をする
>> プロヌリの公式ホームページで資料請求をする <<

ユーザー評価

  • 見積りは無料で10秒の簡単入力!
  • 相談員がいるので安心!
  • 全国300社の優良塗装業者のみをご紹介!!

登録は無料、10秒でカンタンに入力できる手軽さ!
直接業者から営業をかけられることはなく、契約までは必ずプロヌリの相談員が間に入ってくれるので安心です。
加盟審査には多くの時間を使い塗装業者全てと担当者相談員が1社1社お話をしているから信用できます。
その中からあなたにピッタリな施工業者を紹介してもらえます。

複数見積もりを取りたいと思っていましたが、時間もなく営業電話がたくさんかかってくることを懸念していました。
そんな時にたまたま見かけたプロヌリさんの一括見積比較を試したところ近所に予算内で外壁塗装をしてくれるお店がありそこに決めました。相談員さんも親切でわかりやすく満足しています。

公式サイトで外壁塗装の事例を見る
>> プロヌリの公式ホームページで外壁塗装の施工事例を詳しく見る <<

ヌリカエ
(業者選びの為のサービス!!)

ユーザー評価

ヌリカエはユーザー口コミ評価の高い業者選びの為のユーザーパーソナルサイトです。

公式サイトで外壁塗装の事例を見る
>> ヌリカエの公式ホームページで外壁塗装の施工事例を詳しく見る <<

外壁塗装の駆け込み寺
一括見積もりで適正価格を検索

ユーザー評価

外壁塗装の駆け込み寺では、全国各地の外壁塗装業者を検索し、一括見積もりで適正価格や優良業者を紹介しています。

公式サイトで外壁塗装の事例を見る
>> 外壁塗装の駆け込み寺 を詳しく見る <<

外壁塗装のお役立ち情報

口コミ・評判


このページのTOPに戻る